lab

labグループについて

labグループについて

暗号のサーベイをしているグループ. g:cryptが止まっているのでこっちで.

Memo_Pairing

■ Links Pairing-based Crypto The Pairing-Based Crypto Lounge Pairings In Cryptography '05 会議系 Pairing 2007 (The first International Conference on Pairing-based Cryptography) Pairings in Cryptography 20...

現代格子史

Latticeだよ, 束じゃなくて格子だよ. Point Latticeとも言うらしい. 数学関連で来た人はごめんなさい. Diophantine ApproximationやSphere Packingはここでは扱ってません. 二次体もあやふやな人が書...

現代暗号史_格子

←現代格子史, 現代暗号史 ■ 公開鍵暗号 (with w/a reductions) 1996. M. Ajtai, C. Dwork. “A public-key cryptosystem with worst-case/average-case equivalence.” (STOC 1997, ECCC 1996) -uSVPに基...

現代暗号史_公開鍵暗号

■ 素因数分解/RSA系 RSA暗号 略 Rabin暗号 鍵生成 秘密鍵:(p,q) 公開鍵:n=pq 暗号化 c=m^2 mod n 復号 cの平方剰余を取る 安全性 素因数分解が困難ならばOW-CPA ...

現代暗号史_ゼロ知識

←現代暗号史 分類 分布の識別不可能性 Perfect, Statistical, Computationally 証明者の能力 Unlimited or Poly-time 検証者の能力 むし...

Fiat-Shamir_Transformation

■ ランダムオラクルモデルでの安全性について Fiat, Shamir. "How to Prove Yourself: Practical Solution to Identification and Signature Problems" (CRYPTO 1986) D. Pointcheval, J. Stern "Security Proofs for Signature Sc...

Memo_Fundamentals

■ Signature Schemes 1988. M. Bellare, S. Micali. "How to Sign Given any Trapdoor Functions" (STOC 1988) TOWPからEUF-CMA安全な署名を構成? 1989. M. Naor, M. Yung. "Universal One-Way Hash FUnctions and Their...

現代暗号史_UC

←現代暗号史, 現代暗号史_ゼロ知識 ■ UCの定義 Universal Composability (通称 UC)とは 暗号の安全性を解析するためのフレームワークである. UC での安全性を考える利点は主に...

現代暗号史

まず大雑把に時代を分ける。 参考資料はWeb上の資料を基本に。GoldreichのFoundations of Cryptographyに歴史載ってたかなぁ。Simon Singhの暗号解読の方が楽? DBLPと英語版Wikipediaで色々と漁っ...

Memo_BlackBoxReduction

■ 概要 確かこんなんだった筈. TCC 2005? Fully BB Reduction test Semi BB Reduction Mildly BB Reduction Arbitrary Reduction